千葉みなと駅(千葉市中央区)の歯科医院、「かいり歯科クリニック」の公式ホームページ

かいり歯科クリニック

千葉みなと駅 徒歩2分

地図・交通

予約受付ダイヤル
TEL:043-304-6301

WEB診療予約

サイトマップ

マタニティ歯科

妊娠中は、女性ホルモンの増加やつわりなど、体の変化と同時にお口の中の環境も変化します。そして、食事の量や間隔、歯磨きの回数など、生活習慣にも変化が起こります。
そのため、 妊娠中には普段以上にお口のケアに注意ください。
妊婦さんのお口の環境を良好に維持することで、妊婦さんの妊娠中の健康を守ると同時に、産まれた赤ちゃんのお口の健康を守ることにもつながります。

歯周病が早産の原因に・・・

妊娠性歯周炎とは・・・

妊婦さんにもっとも注意してほしい歯科疾患が「妊娠性歯周炎」です。「妊娠性歯周炎」は、妊婦の30~70%がかかっている病気で、歯肉が赤く腫れる、出血するといった症状が出ます。そして、この「妊娠性歯周炎」のもっとも怖い特徴は、早産・低体重児出産の原因になることです。

早産・未熟児出産の確率は7倍以上

最近の研究で、妊娠性歯周炎を含む歯周病を患っている妊婦は、早産や未熟児を出産する確率が健康な人の約7.5倍も高いという報告がなされています。そこでは、歯周病菌の影響が口腔内から血液を通して全身に及んでいる可能性が指摘されています。
当院では、妊婦さんと産まれてくる赤ちゃんを守るため、妊娠性歯周炎の治療を積極的に行っています。

妊婦さんも歯科治療が可能です

「妊娠中でも歯科治療を受けることはできますか?」との質問を受けることがあります。
治療時期や治療体位、麻酔薬などを考慮する必要はありますが、時期を見て治療を行うことができます。

妊娠初期
1~4ヶ月
つわりが激しく、切迫流産の危険性がある時期です。緊急を要する症状がない限り、この時期の治療は控えます。
妊娠中期
5~8ヶ月
安定期でつわりも落ち着きます。特に身体に問題がなければ、この時期に治療を行います。特に自覚症状がなくても、一度受診してください。
妊娠後期
9ヶ月~
陣痛が始まる可能性のある時期です。できるだけこの前に治療を終わらせておきましょう。

マタニティ歯科治療 Q & A

  • レントゲンはお腹の赤ちゃんに影響しませんか?
    歯科用レントゲンではX線防護用のエプロンも着用するため問題ありませんが、当院では特に必要性が高い場合を除き、妊娠中のレントゲン撮影は行わない方針です。
    • 従来の円形型コーン
    • GreenGuard

    もし、レントゲン撮影が必要な場合でも、当院では、被曝線量が少ないデジタルレントゲンを完備し、さらに被曝線量を60%以上も低減するGreenGuardを導入しています。
    GreenGuardは、右図のように、照射範囲を絞ることで、余分なX線が飛散するのを防止するため、 お腹の赤ちゃんにX線が当たることはありません。

  • 妊娠中に麻酔を使っても大丈夫ですか?
    歯科治療の局所麻酔薬としてもっとも一般的に使用するのはリドカイン(キシロカイン)という麻酔液ですが、これは産婦人科でも無痛分娩や病変を切除する際にも使用されます。これらに比べ、歯科治療で使用する量ははるかに少なく、注射した部位以外に影響することはありません。ただし、過去に麻酔薬でアレルギーが起きたり、気分が悪くなったりしたことがある方は、事前にお知らせください。

お子様連れでも安心して通っていただくために・・・

楽しいキッズスペースを完備

小さなお子様でも退屈しないように楽しいキッズスペースを完備しています。絵本やオモチャ、アニメなど、お子様が楽しく遊べるアイテムをたくさんご用意しています。
お待ちのお時間もご自由にご利用ください。

ベビーカーも入れる広い診療空間

全室ベビーカーがそのまま入れる広い診療スペースを確保し、お子様が泣いてしまっても、周りのことを気にせずに治療を受けられます。また、お子様がチェアサイドで見られる「アンパンマン」、「ドラえもん」、「プリキュア」など、人気のアニメもご用意しています。

治療中も安心のWEBカメラを設置

お子様連れのお母さん、お父さんも安心してお越しいただけるように、キッズスペースにWEBカメラを設置。保護者の方の治療中は、目の前の見守りWEBカメラでお子様の様子を確認することができます。
ご希望の方はスタッフまでお申し付けください。

細菌の母子感染の予防

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯や歯周病の原因菌は存在しません。これらの細菌は、歯が生える時期に身近な大人から感染します。もっとも身近な感染ルートは、お母さん(母子感染)です。
特に虫歯菌に感染する危険性が高いのが、感染の窓と呼ばれる 生後1歳7か月から2歳7か月の期間です。

この時期は特に母子感染を起こしやすいですが、お母さんがご自身の口腔内の衛生環境を整えることで、お子様への細菌の感染を遅らせ、虫歯になりにくいお口をつくれることができます。できる限り妊娠中に、出産後であれば赤ちゃんの歯が生える時期までに、お母さんご自身が虫歯・歯周病を治療し、予防を行って、母子感染を防止しましょう。

歯の健康・美容に関する些細なご相談もお気軽にどうぞ!

TEL:043-304-6301

WEB診療予約

JR・モノレール「千葉みなと」駅より徒歩2分 千葉県千葉市中央区中央港1-22-7 日企千葉みなとビルディング1F

地図・交通

  月 火 水 木 金 土 日
10:00~13:30 休診 診療 診療 診療 診療 診療 9:30~14:30 診療 9:30~14:30
15:00~19:30 休診 診療 診療 診療 診療 休診 休診

※土曜日・日曜日は、9:30から14:30までの診療となります。 ※休診日:月曜日・祝祭日

ページの先頭へ